着工から、住めるまでの期間

注文住宅は着工からどの程度の期間があれば住めるのか

注文住宅は自分のイメージ通りの住宅を建てられるのが魅力です。土地の取得から始まり、住まいの形状や間取り、住居設備に至るまでをイメージ通りにアレンジできるのが注文住宅です。予算や要望を具現化できる注文住宅ではあっても、住まいを建てる際には、いつから住むかなどの計画があることでしょう。一般的に注文形式で住宅を建てる場合は、着工から入居可能になるまで半年以上はかかると言われます。ある程度の期間を要する注文住宅ですから、自分が住みたいと考える時期から逆算して工事を始めることが必要になります。夏場に転居を考えるのであれば、春前から工事を始めるなど、予定に合わせた住宅建築を進めなくてはいけません。住宅建築は天候にも左右されます。梅雨や豪雪の時期は工事が停滞すると考えておいたほうが良いでしょう。

家族の事情を考慮した着工時期の選定が大切

住宅の着工時期の選定には、家族構成をふまえた検討が大切です。子供が入学を控えている場合には、春先には住める状態になっている必要があるでしょう。出産を控えている場合や、親と同居を考えている場合も同様に、住める時期の検討は大切になっていきます。いつから住まなくてはいけないと決まれば、自然と着工開始の必要性がある時期が見えてきます。土地の取得から始め、自分だけのオリジナルの住宅設計を進められるのが、注文住宅の魅力ですが、設計次第では完成まで時間が掛かるのも現実です。こだわり過ぎず、家族が求める住宅構成で設計を進め、必要となる工期を元にした着工時期の選定を行うことが大切です。自分で考えるだけではなく、施工経験が豊富な建築会社に相談してみるのも良いでしょう。

Close
Menu