生活の導線を考えて間取りを作る

朝の家事に困らない間取り

共働きの家庭はもちろん専業主婦でも朝の家事は大変でしょう。朝食の準備の他洗濯もしなければならず家の中を行ったり来たりしないといけないかもしれません。せっかく注文住宅を購入するなら朝の家事がしやすくなる導線を考え、それを生かした間取りにすると良さそうです。洗濯機を脱衣所や洗面の近くに置くのであれば台所との行き来がしやすいように配置してみましょう。洗濯機を動かしながら料理を作れますし、近ければ洗濯終了のブザーも聞き逃しません。洗濯ものをベランダで干すのであれば洗濯機を置いているところとベランダの行き来がしやすいよう工夫してみましょう。一階で洗濯をして二階で干すなら洗濯物を直接二階に持っていける設備を取り入れても良いかも知れません。

物が片付けやすい生活導線を意識

生活をするには少なからず物が必要でそれらを使ったり収納する必要があります。注文住宅では生活導線を考えて間取りを考えたりしますが、このときに物の収納しやすさを考慮してみましょう。元々住んでいた家で散らかりやすかったり、小さい子供がいる家庭だとどうしても物が散乱しやすくなります。収納はたくさんあれば片付けられるわけではなく、必要なところに十分設置されないと意味がないので注意が必要です。洋服が多いのであればクローゼットを設置するでしょうが、収納のしやすさを考えると洗濯物を取り込んですぐに収納できるベランダの近くが良くなります。その一方で外出を考慮するのであれば玄関の近くにコートや帽子などを収納するスペースを作ると生活しやすくなるでしょう。

Close
Menu