注文住宅の費用

費用はプランと追加料金で決まる

注文住宅の費用は何によって決まるのかと悩んでいる人もいるでしょう。費用を決定する要因として大きいのは業者が提供しているプランの中からどれを選んだかと、それに加えて追加料金がどれだけかかったかです。一般的な工務店やハウスメーカーでは大枠になるプランを用意していて、それぞれに基本料金を定めています。住宅のデザイン料や工事業者の手配費用などを含んでいるのが一般的です。そのプラン内容に追加して何かをしたい場合には追加料金が発生します。例えば、プランに含まれていない住宅設備を導入したい、オプションとして標準になっていない家電を入れたいなどといったのが典型的なもので、プランごとにオプションが定められています。

大枠は業者選びで確定する

プランとオプションの選び方によって注文住宅にかかる費用が大きく左右されるのは確かです。ただ、それ以前にどの業者を選んだかによって大枠が決まってしまうことは念頭に置いておきましょう。業者によってどのくらいの価格帯の注文住宅を提供するかを、それぞれの業者が持つ企業理念やコンセプトなどによって策定しています。幅広い料金プランを持っている業者もないわけではありませんが、概ねこの業者ならこの価格帯というのが確定するのが通例です。失敗しないためには最初に予算がどのくらいなのかを見積もっておき、その予算で注文することができる業者を選んでおくことです。それを忘れてしまうと費用的に無理という結論に達してしまうこともあるので気を付けましょう。

Close
Menu