注文住宅へのこだわり

注文住宅のこだわりを成功させるためのポイント

長きにわたって住む家屋を建てるには、細部にまでこだわりたいものです。注文住宅の魅力は、住みたい土地の取得から、理想的な住まい作りまでを一貫して行える点にあります。外観や間取り、収納スペースに至るまで、イメージ通りの家屋を建てられるのです。キッチンやリビングを広めにしたり中庭を設けたりするなど、こだわりを具現化した住宅設計が実現します。 注文住宅を建てる手法として、完全自由設計のフルオーダー型と、室内空間をカスタマイズする形で住宅設計を進めるセミオーダー型が挙げられます。自分が住宅設計に掛けられる予算の範囲と新居に移るタイミングを考え、どちらのタイプで住宅設計を進めるかを検討してみるのが良いでしょう。

こだわり過ぎないことが大切

自分のこだわりで理想の住宅を建てられる注文住宅ですが、こだわり過ぎてしまうと予算や納期がオーバーしてしまいます。潤沢な予算があって住み始める時期がいつでも良い状態なら、細部にまでこだわるのも良いですが、予算の限度や転居の時期が決まっている場合には、ある程度の妥協も必要になります。 リビングにカウンターキッチンを備えたり、お風呂場にジャグジーを備えたり、理想的な住まいをイメージする方は際限なく発想が出てくるものです。すべてを満たしてしまうと、予算や工期が掛かりすぎてしまいます。家族で話し合って、こだわりたい部分を選んでいきましょう。注文住宅を施工する建築会社では、多くのモデルルームを提供しています。週末に家族で足を運び、自分の目で見ることで、こだわりたい部分が明確になることでしょう。

Close
Menu